インドの神様 シヴァとヨガ

ポールは個性的なTシャツを着るのが好きで、先日はこのお気に入りの一つシヴァ神のTシャツを着てヨガのレッスンを行ったようです。ヨガアソビのLineグループ、Facebookでも話題になっていて、「神がかっている」とまで言われていました。

S__5914636

このTシャツの神様は「シヴァ」と言います。シヴァ神はインドで最も人気のある神様の一人。ネガティブなエネルギーを破壊し、解脱に導くヨーガの神様です。108のダンスの型を持ち、宇宙の運動・リズムの源泉であるとされます。踊りながら宇宙を破壊しては創造する神の活動をあらわす為、ナタラージャ(踊りの王様)の名前を持ちます。この108のダンスの型ひとつひとつが、ヨガのアーサナに関連しているのだと言います。他の神様と違い、きらびやかな装飾がなく、修行者の姿で描かれます。

インドには無数の神様がいると言われています。その中でもシヴァ、クリシュナ、ヴィシュヌ・・・なんかが人気です。インド人の家に行くと、みないくつもの神様を神棚に飾っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑ホストファミリーの家にあるシヴァの置物。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑こちらもホストファミリーの家にて。クリシュナ。

インドにいると、「なぜにこんなにも皆、信仰心が強いのか」といろいろと考えてしまいます。特にリシケシなんかにいると、皆に「ともえは仏教徒なの?」とか「神は信じている?」と聞かれます。特に信仰心のない私は、回答に困っていました。「私たち日本人の多くは無宗教だったりします。私も特に何も信仰していません。」と答えていました。しかし、最近気づいたのですが、私達はとりわけ何かの宗教に入団していなくても、「迷信」や「縁起」はわりとあるし、気にするのではないでしょうか。

例えば、「お箸をご飯の中に突き刺してはいけない」であったり、「北に枕を向けて寝ては縁起が悪い」ということは信じるというか習慣として身についています。

インド人というのは、このヒンドゥー教が生活に密着しているので、皆自然とそれを信じるし、縁起の悪いことはしたくない・・・という感覚なのではないかと思うのです。

日本人が受験前に学問の神様が宿る神社にいってお守りを買うのと同じように、皆シヴァ神をはじめ、様々な神を拝み、「いいことがありますよーにっ!」といった感覚なのではないかと解釈し始めました。さっき、ホストマザーのギータさんに「なんでインド人はこんなにも信仰心が強いの?」と聞いたら、「Practice(習慣)」と答えました。やはりそうなんですね。(あ、報告が遅れましたが、私最近引っ越ししました。現在インド人夫婦の家にホームスティ中です。こちらについては、また後ほど記載します。)

最初は神に拝むこと、お経を唱えることにものすごく抵抗があった私。しかし、長くインドにいると、インド人に感化されてきた自分に気が付きます。もちろんヒンドゥー教とは何かとか一切理解できていませんが、なんとなく「もっともっとヨガが極められますように」という気持ちと共にお祈りします。

日本でお守りを買うのと同じように、「もっとヨガが上手になりますよーに!」という軽い気持ちでシヴァ神を始め、インドの神様を見ればいいのだなぁーと最近は理解しています。

S__24190978

「インドのお土産は、このTシャツがイイ!」という声が上がっていますが、皆様どうでしょう?この強烈なTシャツで本当によいのでしょうか・・・

何かしらヨガ関連のものを買って帰りたいと思います。お楽しみに!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s