バリとインドの違い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バリに来た理由はまさに「ヨガ」をするため。インド人から「バリはヒンドゥー教の島だ」と聞いていたので、なんとなく「インドに近い?」と思っていました。着いてみて、宗教も文化も景色も人も全然違うこと気づきました。

バリ・ヒンドゥー教は、インドのヒンドゥー教が源ですが、もともとバリ島にあった土着宗教や同時期に伝来した仏教などの影響を受け、本家インドのヒンドゥーとはまた違った宗教となっております。寺や建築、像を見ても顕著です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たとえば、バガヴァッド・ギータ(Bhagavad Gita)に出てくるアルジュナ(Arjuna)とクリシュナ(Krishna)の像。ここで少し「バガヴァッド・ギータ」にも触れておきます。「バガヴァッド・ギータ」とはインドの聖典の中で、最も代表的であり、広く読まれている書です。この聖典には人生を完成するためのヨーガの知識が網羅されています。そのため、ヨガを本気で練習する人は必ず読む聖典となっています。私も初めて読んだのは2011年。私の理解度はまだまだ浅いのですが、ポールはとても熱心に読んでいて、いつも旅先にこの本を持ってきています。内容は、戦士アルジュナと、神の化身であるクリシュナとの対話。決戦を前にして心迷うアルジュナに、クリシュナは真理の知識を次々に開示して行きます。簡単に言うと、人生とは何か、どこから始まり、どこに行くか、悟りの人生とはどのようなものか、悟りを得るにはどのようにすればいいか、理想的な行き方などが説かれています。

さてさて、本題に戻ります。このバガヴァッド・ギータ(Bhagavad Gita)に出てくるアルジュナ(Arjuna)とクリシュナ(Krishna)の像ですが、インドだとこんな感じ。インドはいつもコミカル。
クリシュナ

そして、バリバージョンがこちら。とても芸術的です。バリは高い芸術センスとしても有名で、街のあちこちでお洒落な店を見つけることができます。こういった宗教に関連したアートだけでなく、現代的なアートもたくさん見られます。
バリ

いたるところにある伝統工芸の店。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多くの外国人がバリに住み、ビジネスを展開しているので、レストランの種類は千差万別です。時々、ほっぺたが落ちそうなほどおいしい料理にも出会えます。インドのバンガロールは都市ではありますが、それでもおいしいメキシカンには出会ったことはありません。おいしいイタリアンにいっても、「まあ、75点くらいかな」というレベルがほとんどです。でも、ここバリでは日本では味わったことのないくらい素晴らしいピザやメキシカンに出合いました。

道路もかなり整備されています。この私でさえ、スクーターを運転して、あちこち移動しています。そしてインド特有の「とりあえず、クラクションを鳴らす」という文化はありません。少々危なっかしい運転だなぁとは感じますが、インドに比べれば100倍安全です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
移動手段はスクーターが主流。ガソリンスタンドでも車の行列はないが、いつもバイクは大行列。

バリ人はとても穏やかでのんびりしていますが、それでもインドほど「遅い!」とイライラすることはありません。インドでスーパーに行くと、必ずレジで待たされます。レジのスタッフが本当にのんびりなんです。お金をゆっくり数えたり、客が来ているのにスタッフ同志話したり、あとすぐにいろんなものが壊れる。レジのシステムが壊れて、長いこと待たされるという経験は日常茶飯事です。日本人である私達には理解しがたい光景です。こちらバリではそんな光景はまだ見ていません。割とサービスも早いです。でも、なんでも値段に比例するんだと思うのです。レストランに関して言えば、バリの物価はインドに比べ2倍くらい、日本に比べて半分くらい?という感覚があります。毎晩一人500円~600円くらいでご飯を食べています。インドはそれの半分くらいでご飯を食べれるので、まあ安いからしょうがないのか?と思います。

インドと違うところは、いろいろありますが、街がとてもキレイです。ゴミがあちこちに落ちているということはありません。そして貧困層はもちろんいるものの、インドのように物乞いが信号待ちのたびにやってくる・・・ということはありません。

バリはとても便利です。もしバリに私が学びたいことが全てあるならば、バリに長期滞在したい・・・と思うほどです。しかし、私はきっとまたインドに戻ると思います。なぜか?

バリはやっぱり観光の島です。島全体が浮ついた雰囲気が流れています。一方インドは、本当に大変です。つらいし、汚いです。カオスです。でもそういう状況だからこそ、多くのインド人も「平穏な心を保ちたい」と懇願し、呼吸法や瞑想、ヨガを勉強する人が多くいるのだと思います。バリは素敵ですが、欧米文化が流入しすぎているようにも感じます。でもインドはインドなんです。たとえ、欧米文化が入ってきても、これからもあの10億人の国は独自の路線を進むことでしょう。4ヶ月のインドでのヨガ修行を終えたご褒美ということで、あと2週間バリで思いっきり楽しみます!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑写真はウブドのホテルをチェックアウトした時。車が入れない細い道路しかないので、バリ人に頼んで一緒に荷物を運んでもらいました。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s