訃報・アイアンガー先生 死去 アイアンガーヨガ創始者 95歳

アイアンガー本日B.K.S.アイアンガー先生がお亡くなりになられました。先生のおかげで、ヨガがもっと好きになり、いろいろなことに気づくことができました。そしてアイアンガーヨガを通して、多くの素晴らしい方に会うことができました。そんな機会を与えてくださったアイアンガー先生に感謝し、心からお悔やみ申し上げます。

日本語で関連するニュースが見つからなかったので、翻訳致しました。(Voxhttp://www.vox.com/2014/8/20/6047603/bks-iyengar-who-helped-bring-yoga-to-the-west-has-diedより)
————————————————————————————————————————————-
B.K.S. アイアンガーが先日入院、そして本日亡くなられた。(インドのいくつかの報道サイト、アイアンガーの公式サイトより)

インドタイムズ紙によると、アイアンガー氏は数週間、心臓の問題により不調を訴えていた。8月12日に入院し、その後ここ数日アイアンガー氏の容態は悪化、人口透析を取り付けていた。

B.K.S.のイニシャルで知られるBellur Krishnamachar Sundararaja Iyengarは世界で最もよく知られているヨガのグル(師匠)の一人である。2002年のニューヨーク・タイムズ紙のプロフィールには「おそらくアイアンガー氏以上に欧米にヨガ文化をもたらした人はいないだろう」とある。2004年タイムズ紙は彼の影響力を受け、彼を世界で最も影響力のある現存している人としている。1966年に出版された彼の著書”Light on yoga”には200以上のポーズのやり方に関して細かい解説が記載されている。ヨガ・ジャーナルによると、その影響力は未だ顕在であり、彼の著書を「ヨガの聖書」といっている。

彼の死を受け、アイアンガーの年齢について異なる説がある。インド・タイムズ紙およびインディア・トゥデイを含むいくつかのインドの情報源によると、彼は96歳。公式アイアンガーホームページでは1918年12月14日生まれと記されており、そこから計算すると95歳ということになる。なぜこのような食い違いがあるのかすぐには明確にはならないだろうが、ヨガブログ Yoga Dorkはいくつかの情報源は、初めのヨガグルの誕生日に対し尊敬の念を持って、7月のフェスティバルであるグル・プリニマから数えているのではないかと記している。

彼の名前からとったヨガのスタイルは、アメリカでは最も人気のあるヨガの学校の一つとなっている。アクロバットなもの、またはアシュタンガやヴィンヤサヨガといったペースが速いスタイルとは違い、アイアンガーヨガではポーズを長く維持し、生徒たちは
アイアンガーの指導に沿って、ポーズの中で体を正確に保つことに集中する(ヨガ・ジャーナルより)。またアイアンガーヨガは生徒たちのポーズの手助けとなるブロック・ストラップといったヨガプロップス(補助具)を使うことを推奨する。

これは1977年に撮影されたアイアンガー氏のヨガポーズの流れを記録したものである。

このビデオが撮影されたとき、アイアンガー氏は50代後半であった。しかし、多くの誰よりも彼が柔軟であることが見てとれる。
————————————————————————————————————————————-

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s