ヨガと鍼治療

いつもヨガアソビの平日早朝クラスに来てくれている『はり師』の伊藤くん。はじめて来た日から皆勤賞でクラスに参加してくれています。

最近、実はわたしは『肌荒れ』に悩んでおり、皮膚科にも通いましたが、一向に良くならず・・・そんな悩みを持って『メディカルスパもみじ坂』を訪問しました。

メディカルスパもみじ坂のホームページ(←Click!)

まず問診票を渡され、事細かく自分の健康状態・生活習慣について回答します。

「便秘はないか」
「夢はよく見るほうか」
「過去に怪我をしたことはないか」

などなど。

こういう自分の状態について事細かく聞くのは、アーユルヴェータと同じだなぁと思いました。

お部屋に通され、寝転がります。
注射が大嫌いな私は相当びびりまくってましたが、意外と痛くなかったです。人によって、鍼のサイズを変えるそうで、おそらく私は細いのだったのでしょう。

20150204_115856

最初は身構えていましたが、鍼が刺さっている感じと、お灸の臭いが心地よくなっていきます。だんたんと指先、足先まで気の流れがスーッと通っていくのに気付いていきました。それはまるで、スムーズな新幹線のグリーン車に座っているかのような(一度しかグリーン車に座ったことはないですが)、快適さでした。ヨガは自分で、エネルギーを体の中に取り込み、体の隅々までエネルギーを送り込みます。鍼は、自分でというより、はり師の方に助けてもらって、エネルギー/気の流れをよくする、受け身な姿勢なんだな、と思いました。鍼とはり師の方の技術で、なんとも言えない特別な空間に包まれ、このまま3時間くらいここにいたい、そんな気持ちにさせてくれました。最後の20分ほどは、伊藤くんとのおしゃべりも止め、瞑想状態に入ることができました。ほんと心地いいんです。自分の身体の中に流れる小川を観察するようでした。

最初のガイダンスと治療の全てで90分。あっという間に過ぎました。

はり師の伊藤くんに「肺が弱いから、皮膚全体が硬くなっていって、老廃物が出しにくい体質になっている。そのため、肌荒れが起こる」というアドバイスをいただきました。西洋医学の皮膚科に行った時は「ステロイドと抗生物質出しとくね」と言われただけ。自分で努力して治したい、今後こういうことがないように予防したいのに、それについては一切言及なし。それが西洋の医学なのだけれど、何だか物足りないのです。

デトックスが必要なことは自分でも気づいていて、いつもよりも頻繁に『コーヒーエネマ』をするようにはしていましたが、肺が弱いこと、そして皮膚が硬くなっている、それは盲点でした。

伊藤くんのアドバイスを聞いて、今後やろうと思ったことは、

1. アーサナ練習とは別に、プラナヤーマ(特にウジャイ呼吸)を毎日練習する。
2. 肌の代謝をあげるジンジャーティーを毎日作る。
20150206_120057

3. コーヒーエネマを毎日する。
4. 逆立ち or 頭立ちを毎日する。(代謝があがる)

鍼とヨガって本当に共通点がたくさんありました。よりヨガを理解するためにも鍼治療は効果があると思います。また伊藤くんに鍼治療お願いしないと~
20150204_123537

Advertisements

0 Comments

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s