リシケシ ヨガと瞑想とカフェ巡り

21588

プネで受けたワークショップのフィードバッグは少しお休みし、最近のリシケシでの出来事を綴ります。

ヨガアソビの生徒さんまゆさんとデリー空港で合流し、リシケシにやってきました。毎日ヨガしたり、カフェをはしごしたりして、のんびりしています。アイアンガーのウシャ先生はいつも通り激しいので、心地よい疲労と筋肉痛に苛まれ、今日はマッサージを予約しました。

私たちは今回「Yello Guest House(きいろい家)」という日本人が経営するゲストハウスに泊まりました。いつもはラムジュラの近くのバシシータゲストハウスに泊まるのですが、そこが一杯だったので、前から気になっていたこちらを利用させていただきました。

20151222_141837_resized
リシケシも冬なのでとても寒いのです。日本よりかは暖かいのですが、バンガロールよりも圧倒的に寒いです。キッチンが付いているのが有り難く、毎日お茶を作って楽しんでいます。

Rishikesh _8929

このシンプルなキッチンでも意外と料理ができて、まゆさんと野菜炒めやスープをたまに自炊しては癒されています。やっぱり自分たちの国の調味料で作ったご飯はうまい!

こちらはこのゲストハウスの地下にあるカフェ。日本人好みの薄味の野菜炒めはとてもヘルシーでおいしかったです。

20151222_120243_resized

カフェの壁アート。リシケシっぽいヒッピーカルチャー。

20151222_113114_resized_1

ここはTapovan(タポヴァン)という新しいエリアで、人は少なめ。ごみごみしておらず、静かなエリアでとても気に入っています。

このゲストハウスの近くにOSHOセンターがあったので、行ってきました。

20151223_121730_resized

わたしはOSHOの本が好きでたくさん本を読みました。「SEX GURU」なんていうあだ名で知られていますが、確かに彼はSEXを肯定したという点で他のGURUと大きく違います。ただもちろんSEXを推奨しているわけではなく、欲望をコントロールしようとするのではなく、自分の心の声に耳を澄ませない、むしろ欲望がある内は発散しなさいと言っています。私がOSHOが好き!というと、たまに「えー!」という反応が返ってきますが、一度彼の本を読んでみるとそんな誤解も解けると思います。

PuneにOSHOの本部がありますが、今回Puneに行った時はアイアンガーのワークショップで忙しくて、立ち寄ることができませんでした。今回ここでOSHOの一風変わった瞑想を練習できて、ラッキーです。

Rishikesh _6541

1回1時間のレッスンで250ルピー(約485円)。安くも高くもない値段設定です。

今回でリシケシは4度目ですが、まだまだ知らないお店やアシュラムが一杯です。毎日まゆさんと新しいお店に行くのが楽しみ!

先日はちょっとお値段高めのイタリアンに行ってきました(ラザニア約600円ほど)。「A Tavola con te」というお店はイタリア人夫婦が経営しているそうで、ドイツ人の坊や曰く、「ヨーロッパにあっても流行るくらいウマい!」とのこと。

823573_198768500466278_2405288229273788237_o

確かにベジタリアンでここまでの味を出せるのはすごい。リシケシの中ではトップクラス!リシケシに来たら、行ってみるのおススメです。

https://www.tripadvisor.in/Restaurant_Review-g580106-d5980427-Reviews-A_Tavola_Conte-Rishikesh_Uttarakhand.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s