インドビザ取得 <もし急に必要な場合> 

10日の朝、無事に日本を出国しました~!いまはクアラルンプールでバンガロール行きの飛行機をちょうど待っているところです。

インドビザ、今回はポールが苦戦しました。というのは、ポールのインド観光ビザが切れていて、もう出国までに丸4日しかない!という事態に陥ったのです。

日本人は私の知る限り、全員一律観光ビザは6か月しかもらえないのですが、アメリカ人は5年、10年のビザがもらえたりするようです。

前にポールから「10年のビザを取った」と聞いていたので、自分の分だけ申請していたのですが、4日前にポールが

「オーマイゴッド!5年だった!ビザ切れているー!」

と叫び始めました。そんなこんなで先週の木曜は夫婦で一気に焦りモード。2015年12月に取得したときは田町にあるビザセンターで管理していましたが、現在はビザは大使館が管轄です。大使館に電話しても誰も出ないので、仕方なく車飛ばして野田市から九段下へ。

そしたら、外国人は1週間、取得に時間かかりますと言われ、e-visaというもので対応してくださいと教えていただきました。e-visa、ほかのサイトで確認したら、60ドルとのこと。

大使館に足を運んだ場合は1,890円ですから、結構高いですよね。

でもこれでビザなしで行けないのは一番痛いので、取得しましたよ~
。入力が本当に面倒なので、初めての人は1~2時間くらいかかると思った方がいいです。渡航日が近い場合、値段が変動制なのかもしれませんが、ポールの取得費用は76ドル。日本円にすると約8,000円。この時点でインドが一筋縄ではいかない感が伝わってきます・・・・。

e-visa申請するときの注意点のまとめ

・e-visaは出国の4日前に締め切られるとのことです。私たちはぎりぎりでした。4日を過ぎると、入国日の日程がオンラインで選択できなくなると記載があります。
・写真を本当に規定通り、撮らないと却下されます。
・ブラウザはIE(インターネットブラウザ)を使うこと!firefoxやchromeだと最後の最後でエラーが出たりして、しかも保存されてなかったりと泣きをみます。
・日本のサービスを決してインドに期待してはいけない。Paypalで払おうとしましたが、うまくいかない場合は、すぐに切り替えてクレジットで払う。わたしもうまくいきませんでした。

現地空港にて 7/11更新
そして、いよいよ7月10日の夜23時半にバンガロール空港に着きました。注意点に書き忘れましたが、このe-visaは対応できる空港も限られているので、自分が行く空港で出来るかどうかも要チェックです。空港に着くと、e-visa用のカウンターが普通の入国審査入口の前にありました。

・待ち時間はなく、質問をいくつか受けました。
・紙媒体で提出する必要はないようです。オンラインでビザを申請し、承認された場合こんな画面が出てきます。この画面をスクリーンショット撮っておいて、自分の携帯に送信しておきました。これを審査の方に見せて、オッケーでした。
Visa_forblog

とてもスムーズでした。普通の入国審査は長蛇の列だったので、おそらく30分~1時間くらいかかりそうでしたが、私たちは約5分で終了でした。これなら76ドル出す価値あるやん!と二人でおおはしゃぎ!(私は普通の紙媒体のビザでしたが、ついでに入国許可のスタンプを押していただけました。)

以上、インドe-visa最新情報でした。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s