ヨガを学びだしてから5年。自分の体を観察する練習をしていると、次第に食べ物・化粧品・洗剤と日用品すべてのものが体にどう影響するか気になり始めました。なるべく体にやさしいものを使用し、無添加の食品を食べるようにしていますが、でも現代社会において化学物質と縁を切ることは不可能と言えます。

化学物質は短期的には影響はありませんが、長期的にみると、脳細胞に影響したり、ガンの原因になると科学的に証明されています。

そのため、現代社会で健康的に生きていくためには、デトックスは大変重要な役割を担っています。私は、定期的にコーヒーエネマを実施しており、腸の中にある毒素を排泄しています。普通の便だけでは、排泄しきれないもの(停滞便・老廃物)をコーヒーエネマで出してあげるのです。

私はこのコーヒーエネマを1年ほど前からはじめ、最初は2-3ヶ月に1回だったのですが、今では週に2-3回行います。

【コーヒーエネマの効果】

・実施直後、頭痛が改善され、頭・お腹ともにスッキリする。

・お腹の中がキレイな状態なので、油っこいものが食べたくなくなる。

・お腹がぺったんこになる。

・肌の調子が良くなる。

では、そのコーヒーエネマのやり方を以下で説明します。

【準備するもの】

画像OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・コロンキット

・インスタントコーヒー ※オーガニックのものが望ましいが、私は普通のタイプを使用

・スプーン

・計量カップ(1L)

・キッチンペーパーorティッシュ

・ローションor潤滑油

【使用方法】

①コーヒー液をつくる

1Lの計量カップにぬるま湯を入れ、大さじ2杯のコーヒーを足し、混ぜ合わせる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②コーヒー液をキットにセットする。

コロンキットのホースに付いている液止めクリップが閉じているのを確認し、コーヒー液を入れる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、液止めクリップを一度開けてコーヒー液を少し出し、ホース内の空気を抜く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③コロンキットを高いところにつるす。

シャワーフックやカーテンレールなどを利用して頭の高さより15cm程度上の高さに吊るす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④洗浄液をお尻に挿入する。

肛門に潤滑油orローションをぬる。またエネマパイプにもぬり、エネマパイプの先端から3~4cm程度を肛門に挿入し、液止めクリップをゆるめる。パイプが動かないように手で持ち、お腹を圧迫しないようにして行うとコーヒー液はスムーズに入る。コーヒー液は1分位で大腸内に入っていく。コーヒー液注入後はムリに我慢をせず、自然な流れで排泄してOK!

⇒私は仰向けになって行います。

⑤マッサージ

液を注入し終えたら、右手の腹全体を使って時計まわりに右から左へ押したり揺さぶったりしておなかのマッサージをしながら排泄。

⇒この時に、座りながら「ねじりのポーズ」を行うと効果的!

⑥使用後の注意

体内洗浄器具は常に清潔に、使い終わったあとはお湯で洗って良く乾燥させる。

【購入元】
コロンキットに関しては、ネットで注文しました。↓↓↓
その他のものはドラッグストア、スーパーで手に入ります。

はじめのうちは、お尻に入れる違和感で気持ち悪いのですが、慣れるとその後のスッキリ感がたまらなくなります。

Advertisements

ヨガ&スイーツのイベント

8月15日に滋賀にてヨガとスイーツのイベントを実施しました。10人もの方が来てくださって、今までしてきた私のヨガクラスでは最大規模でした。

横浜からヨガマットやらブロックやら大量に持って帰ってきて、当日は「キャンプでも行くんかいな(滋賀弁。。。)」と友人に突っ込まれるほどの大荷物でした。

初めての方がほとんどで、無理なくストレッチ・筋肉強化できるようにパイプ椅子やブロック等を多用しました。何年もヨガをやっていても、プロップスを使うと効果を最大限に引き出せます。

今回のイベントではすごくたくさんのことを学びました。まず、初めての人が多いときのインストラクションは一工夫がいるということ。一人の生徒をアジャストしていると、何をしたらいいかわからない・・・という人が出てきてしまうということがわかりました。

あと、運動不足の人は疲れて途中でやめてしまう・・・ということもありました。

マタニティの方も一人参加していただき、別のプログラムをしてもらっていたのですが、あまり動きたくないようでした。しかし、マタニティの運動不足は出産時に影響し、難産にもつながります。とはいえ、私は妊娠経験もないので、力説するわけにもいかず、「じゃあ、こういうのやってみようか」と違うやり方を説明するしかありませんでした。

今回やってみて感じたことは、はじめて私のヨガを受けてもらう人が多い場合、もう一人くらいサポートしてくれる人が必要だと思いました。インストラクションも皆がポーズをとっている間に「あと○○秒」や「あと○○回」という一言が必要だと思いました。

アルーン師匠が同時に30~40人ほど指導し、中にはマタニティ、腰痛持ちの人、糖尿病の人といろいろな症状の人がいるにもかかわらず、あれだけテキパキと指示を与える姿に感銘を受けたのですが、自分で教えてみて、改めて難しさを感じました。

次回、アルーン師匠のレッスンを受けるときは、別プログラムをしている人への指導の仕方を研究してみたいと思います。

何はともあれ、来てくれた人が楽しそうだったので、とりあえず成功?だと思います。パティシエのスイーツも超おいしかったですし、爆笑のヨガ&スイーツのイベントでした。

お盆休みということで、滋賀に里帰りしておりました。「ま、旅行中やしいっか」という気持ちで、ついつい食べ過ぎてしまったような気がします。

ということで、来週月曜日からはデトックスをテーマに修行することにしました。レッスンは来ていただいた方に合わせて行いますが、プライベートでは今週は下記のことをしてみようかと。

1.半日断食

2.コーヒーエネマ

3.ネティポット

4.半身浴

5.もちろん、ヨガ

6.ランニング

お盆で遊んだ分、引き締めて頑張っていきます!

ヨガは明日はいつも通り7時30分からです。土曜の目黒クラスは10時30分です!みなさんに会えることを楽しみにしています!

明日、8月15日(木)に地元の滋賀・守山にて『町屋でヨガと健康志向スイーツを食べる会』をやります。親友であるパティシエと「地元で何か面白いことがしたいね!」と話していたところ、こういう企画が実現しました。おかげさまで今回は7名ほど参加してくださるとのことです。

今回貸していただく場所は『守山宿 町屋 うの家』。この建物は、元内閣総理大臣 宇野宗佑氏が生まれ育った家だそうです。江戸時代末期から明治初期に建てられたものを改修したとのこと!

うの家

そんな歴史ある建物で今回ヨガをさせていただくことになりました。今回のヨガ教室では一回限定のイベントなので、みんなに自宅で練習してもらえるよういろいろな練習方法を共有したいと思います。激しいのばかりだと、ついさぼりたくなると思うので、寝ながら・座りながらの練習法も織り交ぜます。

ヨガの後は友人が作る桃タルトをみんなでいただき、情報交換・交流をします。地元の素敵な場所で、きっと楽しいイベントになりそう!と私もワクワクしています。

詳しい情報はFacebookでもご確認いただけます。

https://www.facebook.com/events/560067237383246/

 

こんにちは。藤山です。

私は前回の5か月間のインド修行では、バンガロールという街にいました。
そこで、Arun先生に出会い、先生の素晴らしいヨガに鳥肌がたったものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先生の教室では、本当に老若男女に人気です。先生のヨガに対する情熱は熱く、朝2クラス、夜2クラス、それを月~土曜日までされていて、日曜日も朝アドバンスクラスがあります。こんなに数多くのヨガクラスをこなす先生は、見たことがありません。本当にヨガが好きなんだなぁーと感じます。

インドの女性の大半はこのパンジャビというドレスを着ながらヨガをします。お尻を隠すのが習慣みたいですね。最初にクラスに行ったときは、バンクーバースタイル(キャミソールにピチピチパンツ)で行ってしまい、完全に浮いてしまいました。こちらの人あまり肌は見せないので、Tシャツを着るほうが無難だと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おじさんもおばさんも健康維持のため、週に3~4回以上来る人がほとんどです。インド人はみんな本当にフレンドリーなので、「トミー、トミー」って話しかけてきてくれます。みんな健康維持のためだけでなく、スピリチュアルな修行を頑張っています。特にレッスンが始まる前に唱えるマントラ(お経)はとても美しいです。高校時代にたまたま仏教学校に通っていて、お経を読まされる時は「きもっ」とか言ってましたが(ばちあたり)、今ではお経を唱える意味がわかるようになりました。いつも忙しく動かしている頭も、お経を唱えている時はそのお経に集中できる、しかも何度も唱えるお教なので、頭を使う必要もなく、一種の瞑想状態に入ります。

私の教室でもいつかマントラを唱えたいのですが、日本は宗教っぽい雰囲気が出ると嫌がる人が出てくるのではないかと懸念しています。マントラやお経に興味があるという人はぜひ教えてください。一緒に唱えて、神聖な雰囲気を楽しみましょう。

—————————————————————————————————-
【Arun先生の教室】
プラシャント ヨガシャラ(prashant yogashraya)
URL:http://www.yogashraya.org/
場所:インド バンガロール ジャヤナガー地区(Bangalore, Jayanagar)
先生: Arun H.S
—————————————————————————————————-