20150903_085924_resized

私はアルーン師匠が大好きです。尊敬する人はたくさんいますが、本当に大海のように広い心を持っているなぁと思う人の一人です。

先生と一緒にいると、とても温かい気持ちになり、自分の心の中にあるしこりのようなものがどんどん溶けていくのを感じます。私が目指すところはここにあります。

今日はアルーン先生にこんな質問をしてみました。

「先生、わたしは呼吸法、瞑想、チャンティング(お経)をもっと勉強したいのですが、教えてくれませんか?」

すると先生はこう言いました。

「あなたの国には禅がありますね。同じことです。禅を学びなさい。お経もサンスクリットで唱える必要はなく、自分の好きな言語・言葉でいいのです。」

先生がおっしゃってくださったことは、私とポールが常々考えていることと完全に一致していて、「ああ、やっぱり!」と再認識させられました。
アイアンガーヨガでは「ヨーゲーナー、チッタッシャー」と続くマントラ(お経)をクラスの前に必ず唱えます。

↓コレ

私は何千回も唱えてきているので、もはやこれが馴染みのあるマントラであり、このマントラが持つ響き、美しさに魅了されています。ヨガの練習を始める前に、外の世界からの刺激・欲望を全て捨てて、内なる世界に入る準備を始めます。これから始まるヨガクラス、そのものだけに集中するぞ!という気持ちになります。。

私は信仰心があまりない家族のもとで育ちましたが、たまたま行きたい高校が京都の浄土宗の高校でした。入学式の日に式典に参加した私と母は、あまりにも厳かなお経や踊りを見て「やばい高校来ちゃったな~」と二人で焦ったものです。ガチな仏教高校だったので、水曜の朝はお経を唱えたり、仏教のお歌を歌ったりしました。テストまであったので、無理やり暗唱させられたのですが、今でもやはり空でそのお経を唱えれたりします。嫌々で覚えたはずなのに、大学受験の試験前だけはそれを唱えて心を落ちつかせたものです。

↓これ浄土宗のお経です。

そんな嫌々唱えていたお経もヨガ修行をするようになって、大事さがやっとわかりました。不思議なものですね。10年もかかってしまいました。

ヨガアソビでもマントラを唱えようと、前々からポールと相談していますが、どのお経にするか迷っていました。マントラも数多くあり、アイアンガーのマントラもよいのですが、ガーヤトリーのマントラもとても有名です(インドで最強のマントラと言われている)。

わたしが嫌々、高校時代にお経を唱えたように、ヨガを初めて練習する人は「え!!!」と思うかもしれません。でも何事も経験。帰国後、時々マントラも練習します。どれにするかは、またポールと相談します。

興味がなければ、唱えなくても大丈夫です。私たちがお経を唱えている間、ぼーっとしていてもいいです。

年末にリシケシにヨガアソビとして修行に行きますが、こちらに参加する方は渡印までに必ずアイアンガーのマントラを暗唱しましょう。またインド修行に関する詳細は別途記載しますね!

20150903_082433_resized

11960204_10207089035165613_2903879667579849795_n

インド・バンガロールに来てはや2週間。

毎日ホストマザーであるギータさんが作ってくれるインド料理を食べ、そして朝にヨガクラス、夕方にもヨガクラス、そして昼間は自習練習したり、教わったことを書き留めたり・・・と毎日とても贅沢な日々を送っています。

20150825_140018_resized 20150827_140446_resized 20150829_143026_resized

ヨガにおいて自習練習がいかに大事かということをどの先生も説きますが、いまこうして生徒として日々を過ごし、本当にそれを実感します。

20150829_075727_resized

(写真上:JayaとMohan先生のヨガセンター)

先生達はヨガのテクニックを超えた、生きる知恵をアーサナを通して説いています。それを消化するためには、やはり一人で練習したり考えたりする時間がとても大事です。私はハープとピアノを弾きますが、ヨガもハープも同じだと思います。先生のもとで演奏し、自分が気づいていないこと、そして知らず知らずのうちに蓄積してしまった悪い癖等を指摘してもらい、それを直すべく家で毎日練習する。そうしないと、楽器も弾けるようにはなりません。ヨガも同じでクラスに来ることも大事ですが、自習練習することで自分の体や心の使い方そして扱い方を理解できるようになっていきます。

わたしは一か月前に日本でバイクで転倒してしまい、骨盤・仙骨あたりを強打しました。大した怪我ではありませんが、それでも前屈はとても難しく、まだまだ完璧には治っていません。

事故直後は結構痛み、毎日痛み止めを飲んでいました。しかし、痛み止めを飲むとどうしても感覚が鈍くなり、どれくらい深い前屈をすると痛むのかわからない状態でした。もう1か月も経ったということ、そして仕事がない状況なので、インドに来てからは薬を飲むのを止め、自然治療に専念しています。

わたしの先生、Jayaはわたしの体をみて右のお尻の筋肉が左よりも伸びないこと、右の体側が左よりも短くなっていると指摘してくれました。そして、それを直すのに必要な練習法、体の動かし方について教えてもらい、「飽きると思うけど、忍耐強くこの練習を続けるように」とアドバイスしてくれました。

痛いので避けていた”Adho Mukha Svanasana”も「これはお尻を伸ばすのにいいから、いけるところまでやったほうがいい。」とのこと。前屈系は避けていましたが、椅子、バー、壁、ブロックなど多用していけるところまでやります。

日本にいるときに自分でも治療のためのヨガを練習してましたが、先生はまたさらに違うアイデアをくれます。2週間経ったいま、かなり回復してきたなと感じます。怪我をしてよかった!とまでは言いませんが、でも「何事にも意味がある」とは本当だと思います。この怪我のおかげで、力の入れ方、そして治療に必要なアーサナについてもっと理解が深まってきています。

3週間なんてアッという間ですね。もっとここにいたいという気持ちもありますが、ヨガアソビのみんなに会えるのはとても楽しみです。

20150827_145537_resized 20150830_111254_resized

今日から毎日ぼちぼち5ヶ月間の旅を思い出しながら、記録していきたいと思います。

バンガロールに約4ヶ月滞在し、バリに行く前に1週間だけケララに行きました。ケララはアーユルヴェータで有名な街。ここでアーユルヴェータの料理について勉強してきました。
図1

地図で見ると近所に見えますが、それはインドが巨大だから。バンガロールから500kmも離れており、果敢にも夜行バスで行ってみました。仲良しになったドイツ人ユリアが「私もいく!」と言ってくれたので、まあ二人なら怖くないかな?と思ってバスで行くことにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本のバスとは違って、完全にフラットな状態で眠ることができます。バス会社にもよるそうですが、私達は一番よいと言われるバス会社を選んだので、衛星的にもきれいでした。(チケット片道、約2,200円)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ごつい男二人ならば、少し狭いかもしれませんが、ユリアは私と同じ身長150cm!ミクロな私達はかなり快適にケララまで行くことができました
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスの中は完全にカーテンで仕切られています。先日も夜行バスで滋賀⇒横浜に帰ってきましたが、日本のバスより遥かに快適です。

ただ一つだけ強烈だったのは、トイレ。サービスエリア的なところに一度だけ止まったのですが、なんとオープン式。個室になっている通常のトイレには長蛇の列があり、その手前にオープントイレが。。。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
インド人の特に年配の女性は、気にすることなくさっと用を足すわけですが、なんとも発展途上国な光景でした。しかもユリアが気づいたのですが、年配の女性の中にはパンツを穿いてない人が結構いるということ。後でインド人に聞いたら、「そうだね。年配の女性は穿いてない人もいるね。」とのこと。なんと!あのサリーの中はノーパンだったのか・・・。強烈な臭いの中、しょうがないので私達は個室になっているトイレを待つことにしました。

朝になってバスから降りてすぐにオートをつかまえてすぐに「ケララアーユルヴェータアカデミー」に着きました。モンスーンシーズンだったので、ものすごい勢いで雨が降っていましたが、木の葉っぱが水でキラキラしていて、それはとても綺麗でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

着いてすぐに休む間もなく、理論の授業を受けました。6日間のコースのうち、2日間、朝だけ理論の勉強をします。マンツーマンで行うため、私の理解度に合わせて授業を進めてくれました。ただ、このケララの地方言語は「マラヤラム」というもの。バンガロールは「カンナダ語」が地方言語となっており、同じ英語でもアクセントに違いが出てきます。ケララの人は独特のアクセントがあって、最初は聞き取るのに大変でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後は実践。ケララ料理を学びます。ケララ料理は特徴として、ココナッツを多用します。他のインド料理に比べて、辛さが控えめです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはメインシェフのビジュー。英語があまりできないので、多少コミュニケーションには苦労しますが、彼の料理に対する熱意・哲学に感動しました。そして何よりも、目が飛び出るほどおいしいものを作ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リゾート内にある薬草ガーデン前にて

こちらは副シェフのジョゼフ。彼はビジューの弟子です。彼も繊細な感覚を持っており、信じられないくらいおいしいものを作ってくれました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーユルヴェータ料理の特徴ですが、

1.ハーブ・薬草を多用する
2.オイル控えめ
3.辛すぎず、甘すぎず、全体的にマイルドな味
4.朝や昼は元気が出る食べものを中心に。夜は刺激の少ないもの、またはクールダウンできるものを中心に。
5.完全にベジタリアンで、野菜をたくさん使用する

といったことが上げれると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
厨房

その日に食べるものを市場やリゾートのガーデンから収穫するので、食材は冷蔵庫に入れず、棚にこんな風に置かれています。新鮮な野菜で作ると、本当に野菜だけでおいしいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはクリームシチュー。ココナッツオイル、ココナッツを細かく切ったものを入れます。ココナッツの甘味とインドのスパイスが調度いい感じに絡み合っていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手前にある緑のソースはほうれん草カレー。私のお気に入りです。ほうれん草をたっぷりと使い、ミキサーでとろとろにします。そこにパニールといったコテージチーズを入れます。奥にみえるご飯はトマトライス。日本のオムライスに近い味がしますが、インドのスパイスがたくさん入っていて、独特の風味があります。これも病みつきになるうまさでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎日朝7時から調理のクラスが始まり、終わるのは夜7時頃。ご飯を食べて、友達としゃべって、11時にベッドに入るころにはクタクタになっていて、毎晩ベッドに入って5秒で眠りに落ちることができました。作っては食べ、作っては食べという生活を6日間も送っていたため、多少太りましたが、今までに経験したことのない新鮮なケララ・アーユルヴェータ料理は絶品でした。インドなので、いろいろとトラブルはあったものの、あの料理を毎日食べれるのは天国です。

ビジューは「ぜひ日本に行って、自分が作る料理を日本人に紹介したい」と言ってました。私もぜひぜひ彼の料理・アートを皆に紹介したいです。いつか実現できるといいな・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

随分久しぶりの更新になってしまいました。あと1週間でバンガロールを離れるので、毎日いろんな人に会ったり、パーティーに出席したりと毎日大忙しです。インド人の友人から「パーティー・ヨギ」なんていう汚名を頂いてしまいました。でもしっかりヨガはしているのですよ。毎日休みなく、きちんと修行しています。ただこうやってブログを書いたり、本を読んだりする時間はこの2週間ぐらいなかった・・・というのが事実です。あと1週間したらケララ、その後バリなので当分はバタバタしそうです。今日は先日着た「サリー」について紹介します。

今回で4度目の訪印ですが、人生初のサリーを着てみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バンガロールには約1,000人の日本人が住んでおり(2014年現在)、日本人同志の交流を目的とした組織があります。
年に2回、大きな総会があり、そこの総会でお手伝いをしてくれないかと友人に頼まれて行ってきました。この総会とは日本人ための社交の場らしく、サリーを着てくる人もチラホラいるよ!と聞き、私もホストマザーのギータさんに「サリー着たいなぁ」と言ったところ、ギータさんのサリーを貸してもらえることになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはサリー選び。この写真にうつっているものだけでなく、タンスの中には大量にサリーが!日本人の感覚からすると、着物って何着か持っているという感じだと思いますが、こちらではサリーは普段からよく着るため、ものすごい数のサリーをお持ちでした。紫なんて普段は滅多に着ないけど、似合うと言っていただいたので、紫にしました。

トップスのブラウスはカスタマイズするのが一般的だそうで、少し私には大きかったのでギータさんがささっと縫って小さくしてくださいました。サリーを着るのは着物ほど大変ではなく、ギータさんが15分ほどで着せてくれました。着心地も着物ほどきつくはないのですが、まあそこそこきつくて、やはりご飯はいつもの4分の一くらいしか食べれませんでした。

会場はタージホテルという超豪華は5つ星ホテル。めちゃくちゃ素敵なホテルです。(下記写真、ホテルwebsiteより。)
vivanta-by-taj-yeshwantpur

ホテルに到着したら見たことないくらい大量に日本人がいました。合計500名くらい来たそうです。実に居住している日本人の半分くらいが来たということになります。何度か会ったことのあるフットサルのメンバーがいたので、仲間に入れてもらいました。みなさん、何年もこっちに住んでいるのでとても仲良しです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場はめちゃ豪華なスペースで、ボリウッドダンスやコーラス部の発表がありました。FNS歌謡祭のような雰囲気ですね。みんな正装です。なんだかちょっとセレブな気分でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボリウッドダンスは惜しくも見逃してしまったのですが、コーラス部のコーラスが見ることができ、始め夏の歌をいくつか歌われ、その後「マイバラード」が始まりました。この「マイバラード」、中学校の時の合唱コンクールでピアノ伴奏をしたので、死ぬほど練習した曲でした。そんな思い出の曲を、こんなインドの地で聞けるなんて・・・とすごく感動しました。結構歌詞も覚えていて、一緒に口ずさんでいる自分がいて、日本から離れてたった3ヶ月しか経っていないのに、とても懐かしく思いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インドで生活をするのは日本人にとって簡単ではありません。文化の違い、食生活の違いもそうですが、発展途上国では予想もしないトラブルや悩みが出てきます。異国の地でみんな協力し合って、こうして頑張っているのだなぁと思うと、自分が日本人であることに誇りを感じたりもしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インド人や外国人と遊ぶのも楽しいですが、やはり日本人特有の盛り上がりも楽しいものです。そういえば、今朝インド人の仲のいい友達から「日本っぽい面白いネタひとつ紹介して」とむちゃぶりされました。その時、一番初めに思い浮かんだのがオリエンタルラジオの「武勇伝」だったのですが、これでいいのでしょうか。彼らはもっと知的というかアメリカンジョーク的なストーリーを展開して、みんなを笑わせているのに、日本のジョークとして武勇伝・・・ああ、わからん!と思い、情けなくも「・・・・すみません。思いつきません。一日ください。明日紹介します・・。」と持ち帰るはめに。関西人として情けなかったです。なんでしょう、日本ぽいジョークって・・・今夜は眠れないかもしれない・・・

 

こんばんは。

最近は「瞑想」や「ヨガ八支則」など、固い話題が続いていたので、今日はインドの旅日記でも書こうかと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「オート」と呼ばれるバイクタクシー。私はこれでどこでも移動している。

インド人は信仰心が大変強く、結婚・出産は当然するべきものと考えられています。おそらく私なんかは異端児的な目で見られていることでしょう。よく「結婚はいつするの?」とインド人に聞かれます。インド人は特に悪気なく、プライベートな質問をガンガンしてきます。「結婚はいつ?」、「子供は欲しくないの?」、「何教を信仰しているの?」、「神は信じている?」、「いくらぐらい日本で稼いでるの?」と日本ではありえない質問を初対面であろうが、なんであろうがしてきます。インドはカースト制が根強く残っており、国民の多くは貧しい人です。とはいえ、金持ちもたくさんいます。なんせ10億人の国ですが、たとえ10%が金持ちと考えても1億人は金持ちという計算になります。お金持ちの人は海外の大学に行く人が多く、そういう上流家庭の人はグローバルな感覚を持っています。特にプライベートなことをガンガン聞いてきたりしません。でも普通にインドから出たことがない人達にとっては、私たち外国人のことに興味があるようです。

先日、日本人の友達の家で働いているメイドさんの娘さんの結婚式に行ってきました。え?「それ、ともえちゃんと関係ないんじゃ?」と思った方、正解です。全く知らない人です。以前からインドの結婚式にちょっと興味があったので、いい機会なのでどさくさに紛れて参加してみました。

インドでは結婚式は2~3日にかけて行うらしく、相当盛大にやるということで有名です。
会場に着いたら爆音が流れていました。生ライブです。このボーカルの人のヘアスタイルがめちゃ80年代で、ナイスでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして永遠と続く、新郎・新婦との写真撮影。ありえない長蛇の列です。どうやら来た人は新郎・新婦と写真撮るというのが儀式のようです。友達のメイドさんに「どうぞどうぞ、こちらへ」と案内され、完全に列を無視して、ひな段にあがります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひな段からみた会場の様子はこちら。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この人達はただ写真撮影を眺めています。

そしてメイドさんに「さ、さ、こちらへ」と3階に案内されます。こちらがメイドさん。とってもかわいらしい女性です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして案内されたのはゲスト用の食事ルーム。食堂のような雰囲気。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ものすごい暑い部屋で、食事を食べました。バケツに入ったおかずを持って、ウェイトレスである男の子たちがガンガン流れ作業的にやってきます。そして食事をバナナの葉の上に盛ってもらいます。結構おいしかったんです~コレ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人がうまってきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インドではよそ行の服というと、このホストみたいな格好をするのが流行っているようで、こういうホストファッションの人をよく見ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にわたしと友達と友達の旦那さま。お友達はインド衣装サリーを着ています。ほんまに素敵!超きれいでした♪
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場から着いてから出るまで、合計で30分ちょっとで退散しました。「食べたら帰ってね」というスタイルなので、こちらとしても有難いです。お友達さんはちゃんとお祝いを事前に渡したとのことで、私は完全にタダ飯状態でした。エヘヘ。今度友達の家に行ったら、何かメイドさんに持って行かないと♪

富裕層ではないと思われるメイドさんの娘さんの結婚式。でもやはりここは奮発するんでしょうね~。とても豪華な素敵な式でした。メイドさん、とっても嬉しそうで、母親の顔でした。母の愛、夫婦の愛、友情の愛。結婚式は愛で溢れて素敵でした。