今日の蒔田クラス。大盛り上がりでした。
全部で4名参加していただき、狭い8畳の部屋で、ぎゅうぎゅうでした。
蒔田クラスは元々、『2~3人のこじんまりしたクラス』を予定していたので、今日は予想外。ポールとわたしを入れて、6人も入れないのではないか・・・と不安でしたが、意外といけるもんですね。ロシア人の方も初めて参加してくださり、おそらく「なんて狭いところでヨガするんだ・・・」と驚かれたことでしょう^^
今後も継続的に人が多い場合は、広い施設にお引越しすることも検討しますね~!

今日はポールがクラス担当。ヘルニアの方が1名いらっしゃったので、皆にヘルニアとは何かという話をしました。ヨガの先生をして気づいたのですが、ヘルニアやぎっくり腰って、結構経験された方多いですね。

20150212_102104

ヨガでもヘルニアの症状を軽減させること、また改善させることは可能です。いまも強い痛みがあるという方だったので、あまりたくさんのストレッチはできませんでしたが、それでもできるポーズはありました。私たちにできること、全てしてあげたい、知ってる知識・改善方法は全て共有してあげたい、そんな気持ちで一杯です。どうか彼女が一日も早く、楽しい毎日が送れるように、一緒に頑張っていきたいと思いました。

20150212_110400

ヨガの後は、蒔田駅近くのインド料理屋『Chai 蒔田店』に行きました。

『Chai 蒔田店』
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14053017/

とびきりウマイ!というものではなかったのですが、でもインドに戻ってきたような、そんな気持ちにさせてくれる店です。
20150212_123221

店長さんのインド人の方も、とても気さくで、お話してて楽しかったです。チャイはとってもおいしく、値段もベジタブルカレーセットならたしか700円ほど。安くて、インドの気分が味わえてオススメしたい店です。これからも蒔田クラスの後、蒔田周辺を探検するのが木曜の楽しみです!

Advertisements

1月は体が重く、「だるい」、「もっと寝たい・・・」という気持ちが強かったのですが、最近、そのだるさが取れ、何か新しいことを始めたいような、とても活き活きとした気持ちで朝を迎えられるようになってきました。

「春が始まったんやなぁ。」

そう肌で感じる今日この頃。暦でも2月4日から立春ですね。外はまだまだ寒いけど、日の出も早くなり、日の入りも遅くなりましたね。自分の体・心を観察することで、季節の移りかわりにも敏感になり、またヨガが楽しくなってきました。

今朝の7時半からのクラスには、いつもよりも人が多く、9人もの方に参加していただきました。ここでもやはり春の訪れを感じました。私だけでなく、みんな長い冬を経て、動き出しているのだな・・・と。

20150210_074250
今日はUtkatasana(チェア・ポーズ)の練習中に、”Uttarabodhi Mudra(ウッタラボディ・ムドラ)”と呼ばれる手の形をとりました。

20150210_081337
↓”Uttarabodhi Mudra(ウッタラボディ・ムドラ)”

uttarabodhi

ムドラとは、手のジェスチャーのことで、両手を合わせることも、Anjali Mudra(アンジャリ・ムドラ)というムドラの一つです。ムドラには、体の中のエネルギーを変えたり、心を落ちつかせる働きがあります。様々な種類があり、それぞれ意味があります。

今日行った”Uttarabodhi Mudra(ウッタラボディ・ムドラ)”のウッタラは『実現』、ボディは『悟り』のことです。

これは、自分自身と他人、世界、宇宙とが合致する・一体化する感覚を引き出すムドラです。エネルギーが体の中でいっぱいになっていくことを感じていきましょう。

今日はほうれん草や大根が100円で買えて幸せ♪ 今日も冬のお野菜、満喫しています。

先日ポールによるインド哲学講座を開催しました。朝7時~8時半という超スーパー朝活な時間にもかかわらず、4人の方に来ていただけました。この日はパタンジャリのヨガ・スートラを読み解いておき、ポールが禅やギャーナ・ヨガのお話を交えながら説明してくれたので、「とてもわかりやすかった」という声をいただけました。私自身もとても楽しめました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろんな話を聞きましたが、ギャーナヨーガ(知識のヨーガ)の1つを今日は紹介しようと思います。

身ごもった雌ライオンがお腹を空かせて、ヒツジの群れに飛び込みました。
雌ライオンはそこで命を落としてしまい、母親のいない赤ちゃんライオンが生まれました。

赤ちゃんライオンはヒツジに育てられ、草を食べてメエメエとないていました。
やがて月日が流れ、赤ちゃんライオンは一頭の十分に成長したライオンになりました。
しかし、自分はヒツジだと思ってメエメエないていました。

ある日お腹を空かせた別のライオンが、ヒツジの群れを見つけました。
彼は獲物をとらえようと必死に群れを追いかけます。

そしてその中に、一頭のライオンがヒツジと一緒に逃げていることに気づきます。

「ん?ひつじの群れの中にライオンがいる?なんで逃げてるの!?」

そうです、それはあのヒツジに育てられたヒツジライオンです。

ライオンは、そのヒツジライオンに「おまえはライオンだぞ」と言ってやりたいのですが・・・
哀れにも、ヒツジライオンはライオンが近付くと逃げてしまいます。

それでもライオンは機会をねらって、ある時ついにヒツジライオンに話しかます。

「おまえはライオンだぞ」

「いえ、私はヒツジです、どうか食べないでください・・・メエメエ」

仕方なくライオンはヒツジライオンを引きずって、湖のほとりまで連れていきました。

湖に映った自分の姿を見て、ヒツジライオンは驚きました。
ライオンと全く同じ姿かたちをしている自分がそこにいたのです。

そのとき、ヒツジライオンは初めて「ガオ~」っと吠えました。
もうメエメエとはなきませんでした。

人は育った環境や価値観、経験によって造り出す思い込みがあります。この思い込み、観念によって同じ世界でも違った世界になります。いまの自分・エゴ・固定観点を捨て、本質を知る事で真我をみることができるというお話です。

エゴ、固定観念、偏見といった分厚い洋服を何枚も重ね着している私達。ヨガを通して、ひとつずつ脱ぎ棄てていくと、世界はもっと違って見え、心も体も軽くなっていくのを感じていくでしょう。

lion

今後のインド哲学講座のスケジュールは、

・11月13日(木) 7時~8時半
・11月17日(月) 7時~8時半

です。その他にも様々なスペシャルクラスがございます!詳しくはこちら。
https://yogaasobi.com/training/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先週の日曜日、第一回目のパークヨガを開催しました。なんと14人にも来ていただいて、私としてもビックリでした。

ポールがハンモックを持ってきたので、ロープシルサーサナ(Rope sirsasana)を体験していただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
10647780_1535106116702821_334087453_n

このアクロバットなアーサナ。重力に身をゆだねるので、普通に逆さになるよりも、いろいろな面で効果があります。

・骨盤をロープで固定するので、胴体の両サイドを均等に伸ばすことができる。
・背骨も伸び、普段つまっている背骨を引き伸ばすことができる。
・胸を開きやすい。
・長時間ポーズをとることができる。リラックス効果も大きい。

私達も大好きなアーサナの1つです。何よりやった後のスッキリ感がたまりません。

レッスンには子供ちゃんも犬も参加してくれました。

10626514_372863892871061_1005887067000062817_nOLYMPUS DIGITAL CAMERA

電柱にストラップを通して、肩と胸を開くポーズも練習しました。
10647791_1535106586702774_1635376528_n

Adho Mukha Svanasana。手を引っ張ってあげることで、胴体を伸ばします。
10637801_1535106816702751_1765686681_n

私達のヨガはたくさんこういったプロップス(補助道具)を使うので、実はスタジオではできない練習法もたくさんあります。もちろん逆に公園でできて、スタジオで出来ない練習法もたくさんあります。スタジオはもちろん静かなので、まず第一に集中力・精神統一を行う練習に適しています。壁も椅子もありますので、それを使うこともできます。ヨガ本来の心と体を統一させていく練習、また呼吸法・瞑想の練習もやはりスタジオで行う必要があります。スタジオでするヨガはいい意味でピリっとした雰囲気があります。

一方でパークヨガは何といっても楽しい!芝生を裸足で歩く、土の匂いを嗅ぐ・・・といった行為は自分が自然と一体化していくことを感じます。ハンモックを使ったり、電柱を使えるのも大きな利点でしょう。

冬が到来するまで、パークヨガももっと実施していきたいと思います。
次回は9月7日(日)に10時から行います。ポールはオーストラリアに武術のセミナーの講師をしにいくので、トモエのクラスをお楽しみ下さい♪

– 日程 :9月7日(日)
– 集合時間 :9時50分
– 集合場所 :山下公園の赤い靴をはいてた女の子の像周辺
– 費用 :1,000円
– クラスは日本語と英語の両方で行います。
– ヨガマットをお持ちの方はご持参ください。
– 雨天の場合、キャンセル。当HPおよびFacebookにて朝8時までに告知しますので、お出かけ前にご確認ください。

Homines dum docent discunt.(人は教える間、学んでいる)というラテン語があります。英語では、To teach is to learn.(教えることは学ぶこと)と言います。何かを教えたことがある人は、教えることでいろんなことを学ぶという体験をされたと思います。私自身、いつも来てくださる方に「私はヨガを教えているのではなく、私が学んできたことを日本のみんなに共有しているだけ」とお伝えしているので、「教える」という言葉は教師のようで少し抵抗があります。ですので、言葉をかえると「伝えることは、学ぶこと」だなぁと思います。それはまるで呼吸と一緒で、人間息を吐けば、その後同じ分だけ吸います。ヨガアソビのクラスで毎回いろんなことをお伝えすると、来てくださる方の反応や質問で学ばされることがたくさんあります。

今朝のヨガクラスでも、たくさんのことを学びました。私は逆立ち(サンスクリット名:urdhva vrksasana)をするとき、みんなのモチベーションが上がるように「代謝も上がりますよ。血行もよくなりますよ。」と言います。

そして、ある方から「なんで代謝がよくなるのですか?」と質問されたので、

「いつも普段立っていたり座っていたりすると、血というのは心臓から足のほうに行って、また心臓に戻ってきますが、逆立ちをしたときは足先にある血がスーッと心臓に戻ってくるので血行が良くなるのですよ。」

と言いました。

すると、「血行が良くなると、代謝が良くなるのですか?」と聞かれ、回答に少し困りました。そうだとは思ったのですが、具体的に説明する自信と知識がありませんでした。

家に帰ってきて早速調べました。回答はこちらのサイトを参考にしました(http://www.kekkou.com/category1/entry6.html)。

「血行が悪くなると、細胞の働きもスローダウンし、様々なトラブルを生じます。細胞から排出される老廃物を回収したり筋肉で熱を作りだしたりする“代謝力”も低下しますので、体内に不要な毒素が溜まりやすくなりますし、体温が低下してしまうこともあります。」

なるほど。つまり、①血行が良くなる=②細胞の働きを促進=③筋肉の熱を作り出すのを促進=④代謝アップ、というロジックだったのですね。①=④だということはわかってはいても、②・③を説明してあげないことには納得できませんよね。日々、本当に勉強させていただいてありがとうございます。

今日はもうひとつ特に勉強なったなぁと思ったのは、「ウパビスタコナーサナ(upavistha konasana)」をした後。

画像

カナダ滞在時代の師匠Louie先生がupavistha konasanaをした後に「膝の下に手を入れて曲げるのをサポートしなさい」と口酸っぱくして言っていました。私は「若いし、手でサポートなんかしなくても曲げれるやい!」と心の中で思っていたのですが、Louieの手前、いつも手でサポートする癖がついていました。今日もふと、みんなに目をやると、サポートなしに足を曲げているではありませんか!いや、当然です。私は一度も説明したことがなかったので。でも今となっては、Louieが言っていたことがよくわかります。ヨガでは長い間筋肉を伸ばすので、本来筋肉が持っている弾性作用(筋肉がちぢむ作用)が弱まっているのですね。それを手でサポートして曲げてあげるというのは、筋肉をケアする上でとても大事だと思います。こういう自分の体を細かく観察し、気配りをしてあげる、これこそヨガの教えだと思います。

自分がヨガアソビの来てくださる方に伝えることによって、師匠達が言っていたことがより深く理解できるようになってきました。やっぱりヨガアソビを立ち上げてヨカッタなぁと今日はしみじみ感じました。

 

こんにちは。ブログを書くのは好きなのですが、気づくと1ヶ月も空いてしまっていました。「12月中は3日に1回ぐらいは投稿する!」とここで宣言しておこうと思います。

さて、本題ですが、インドのアルーン師匠のクラスではツイストポーズをすることが非常に多いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

長いこと師匠と練習しているオーストラリア人のクリスに「なんで師匠はツイストをよくするのかな?」と聞いたことがあります。(インドのヨガの師匠は弟子の質問に対し、Welcomeな感じじゃないです。自分で考えろ、というスタンスです。)

すると、クリスは「まあ、僕はアルーンじゃないから合っているかわからないけれど、僕が思うに、ツイストはすごく背骨にいいんだ。腰痛に悩んでいる人が多いから、ツイストすることで背骨を調整しているんだよ。あと、ツイストは内臓にもすごくいいしね。内臓に刺激を与えるよ。あと、これは本当に僕の意見だけど、ツイストをすると体のボトムからエネルギーが上昇するよ。すごくいいエネルギーに変わるんだ。」とのことでした。

彼の言っていることは当たっていると思います。『臓器を圧縮し、再配置させることで、毒素を排出して身体の浄化を促す』という意味が強く、現代人に必要と師匠は考えてらっしゃるのだと思います。現代に住む私たちは、体にも心にも負担をかけるストレス社会で生きています。昔に比べ排気ガス等空気も悪く、添加物の多い食事をしたり、車・電車社会により運動不足・・・等、昔の人に比べると体内に毒がたまりやすいと思います。その毒を浄化するためにもツイストはとても大事なんですね。

私のクラスでも、アルーン師匠を習って、ツイストポーズをたくさん入れるようにしています。そこで、桜木町クラスでこの間、ツイストポーズの極みとも言える『Parivrtta Trikonasana(パリブリッタ・トリコナーサナ)』『Parivrtta Parsvakonasana(パリブリッタ・パースバコナーサナ)』を練習しました。

■B.K.S.アイアンガー師匠の『Parivrtta Trikonasana(パリブリッタ・トリコナーサナ)』
parivrtta (2)parivrtta (3)

■B.K.S.アイアンガー師匠の『Parivrtta Parsvakonasana(パリブリッタ・パースバコナーサナ)』
parivrtta parsvakonasana 2 (4)parivrtta parsvakonasana (4)

 

写真で見てもわかるように、超難しいです。難易度10段階中10です。これもプロップスを使って、徐々に練習することができます。

1467383_590249014375168_1213984037_n

この日は壁と椅子を使って練習しました。何もプロップスがないと、ポーズを維持するのでさえ難しいのですが、壁・ブロック・椅子等を利用して徐々に完成形に近づけます。来てくれている生徒さんが「足がぶるぶるします!しんどいです!」とおっしゃってました。そうです。めちゃしんどいんです。でもしんどい分、効果は大です。効果を下記に箇条書きにします。

■『Parivrtta Trikonasana(パリブリッタ・トリコナーサナ)』の効果 (Yoga journalより翻訳)
【治療効果】
・便秘
・消化不良
・ぜんそく
・腰痛
・坐骨神経痛

【利点】
・足のストレッチ、強化
・お尻、背骨のストレッチ
・胸を開け、呼吸の改善
・背中の痛み軽減
・内臓への刺激
・バランス感覚の改善

※『Parivrtta Parsvakonasana(パリブリッタ・パースバコナーサナ)』の効果・利点もほぼ上記と変わらないので省略します。

どうでしょう?やりたくなってきましたか?!

来週もツイストポーズを中心にやっていきたいと思います。では、また!

ヨガアソビに来てくださる方が意外とこのブログを読んでくださっていて、「エネマってどうやってやるの?」とか「トリガーポイントやりたい」等、ご要望をいただきます。

トリガーポイント エクササイズですが、先週少しだけ中目黒クラスでやり、昨日は桜木町クラスでもやりました。
全員ほぼ共通で「痛すぎる・・・」と涙目になられます。私も例外なく、その一人です。

これをやってて思うのは、やはり個人差があるということ。たとえば、昨日桜木町クラスにてひざ下のエクササイズをしました。私は足首が固いので、足首あたりをマッサージすると「いたーーー><」と叫んでしまいます。でも、逆に生徒さんはふくらはぎあたりが「痛い・・・きゃああ」と叫ばれていました。
1381691_577693722297364_1545307103_n-1

トリガーポイントとはたとえていうと、からまってしまった毛糸がだまになってしまった箇所といったイメージだそうです。ですので、そのダマになった毛糸をストレッチおよびヨガで伸ばしても、筋肉は伸びないのだそうです。そういったダマを解消するには、こういった器具を使っていく必要があります。

毛糸のダマであるトリガーポイントがある箇所は、人によって全然違います。私はお尻はあまり痛くないのですが、中目黒クラスでは数人の方が「痛い!」と叫んでおられました。まず、トリガーポイントエクササイズで毛糸のダマを探し、ほぐしてあげた後にヨガで伸ばしてあげる・・・というのが正しいアプローチだと思います。

私のヨガクラスでは、少しずつみんなのダマを解消できるようにトリガーポイントエクササイズを取り入れます。年内に「昔より痛くなくなったー♪」といえるようになるといいですね!