インストラクター

智江 Tomoe  – インストラクター兼代表-

外資系ITコンサルティング会社に勤めていた2008年にヨーガに出会う。仕事が好きで、毎日朝から深夜まで仕事に明けて暮れていたある日、「実はITよりもヨーガのほうが好き」と気づき2012年に退社し渡印。インドでの修行に衝撃を受け、価値観が180度変わる。その後、2012年から2015年の3年間はヨーガ修行に専念し、インド・アメリカ・カナダに長期滞在する。現在の夫ポールとはこの時期にインドで出会う。

ニューヨークにてヨガアライアンス指導者養成講座(RYT200)終了。ポールの勧めもあって、2012年よりアイアンガーをメインに学ぶ。インドのバンガロールに長期滞在し、シニアアイアンガーティーチャーであるアルーン師に教わる。現在も年に1~2回渡印し日々修行中である。

現在、横浜市と野田市の2拠点で、アーサナ・呼吸法・瞑想を生徒さんのレベルに応じて指導する。一人一人の体・心の状態に応じたヨーガの形を提案することを心がけ、ヨーガを通して健康維持だけでなく、たくさんの気づきや素敵な出会いを提供できる場を創って いきたいと考えている。

ヨガ徒然日記: https://yogaasobi.com/blog/

ポール Paul – インストラクター(野田メイン)-
S__10149898
古武術の修行のためアメリカから20年前に来日し、現在は古武術の師範として横浜と野田市の2拠点で教えている。世界各地でもセミナーを実施。「武術においても柔軟性が必要である」と感じ、ヨガ修行のためインドに長期滞在する。インドではArun, Usha Devi, Rudraの下で修行。ヨーガの哲学や禅にも精通している。ヨガアソビでは、野田クラスをメインに担当。クラスは英語・日本語両方で行う。

ポールの武術日記(英語): http://kasumian.com/blog/

<智江先生からみるポール先生とは>
インドで出会ったポールとは2016年に結婚しました。彼は私のヨーガと武術の師匠でもあります。ポールは今年50歳ですが、奇跡の50歳だと思います。肉体的にも精神的にもとても若々しく、本当に上手にメンテナンスしていると思います。ポールのヨーガに対する理解や知識は深く、ヨーガのポーズだけでなく、クリヤ(ナウリやネティポットといった浄化法)、バガヴァッドギータやウパニシャッドといったヨーガの哲学もわかりやすく教えてくれます。「すべての人に真心を持って接する」というのが彼の信念でもあり、とても思いやりのある先生です。

ジョージア Georgia  – インストラクター横浜担当-

カナダにてヨガティーチャートレーニングを終了。オンタリオ州ロンドンの「シャングリラスタジオ」、そして「ヨーガのマザーシップスクール」にてヨーガインストラクターを務める。ヨーガを通して自己を受け入れることを学ぶ。ヨーガの動き、そしてインスピレーションを与え合う雰囲気が好きである。彼女が持つ「陽気さ」と「遊び心」が反映されたクラスは、年齢・能力・英語のレベルを問わず楽しめる内容となっている。

 

<智江先生からみるジョージア先生とは>
初めて会った時から、彼女のことが好きになりました。明るく、ユーモアもあり、心が美しい人です。いつも私を笑わせてくれます。ヨーガに対するひた向きな姿勢と、何でも挑戦する精神力には、私を含めみんなに元気と勇気を与えてくれます。